採用ニュース

新入社員 ビジネスマナー研修

4月9日、2018年度新入社員向けのビジネスマナー研修を行いました。

入社式翌日から各所属部署の中で実際の業務に基づく研修は始まっていますが、社内のルールだけでなく、社会人としての心構えやマナーを学ぶ機会となります。

今年度も外部から講師をお招きし、グループディスカッションや実習を交えながらの研修となりました。

挨拶ではお辞儀の姿勢を学び、言葉遣いでは敬語のテストを通して様々な言い方や誤った使い方などを学んだりしました。

電話の受け方、伝言メモの書き方などは、講師の方が電話の相手となっての実習を通して、言葉の使い方や聞き取るポイントを学びました。

そのほか、報告・連絡・相談の重要性なども含めて1日がかりの研修となりました。

研修を受けてみての主な感想です。

「学校では、さわりをかけ足で学ぶくらいだったので、不安も多かったのですが、再確認が出来て、とても良い時間を頂きました」(デザイナー職)

「接遇の基本は、相手の立場で物事を話すことというのがわかりやすかったです。普段意識しない敬語などを改めて学んだので身につけられるようにしようと思います」(ディレクター職)

学んだことを業務の中で実際に使う機会はまだしばらく先かもしれません。
それでも考え方や心構えは業務の中で生かしていけると良いですね。